クラシックのコンサートを楽しむために

クラッシックコンサートに足を運ぶときの、注意点などを簡単にまとめてみました。
初めてクラシックコンサートに行くという場合など、参考にしてください。

[マナーについて]

クラシックコンサートならではのマナーというものは、特にありません。
大きな声を出して騒ぐなど、他人に迷惑をかける行為をしないということは、基本中の基本ですね。
もちろん、携帯電話の電源を切っておくことも、忘れないようにしましょう。

[服装について]

クラシックコンサートとなると、完璧にドレスアップしなくては…というイメージがあるかもしれません。
ですが、それほど気負う必要はありません。
さすがにジーンズにTシャツというような、あまりにラフすぎる格好では浮いてしまいますが、常識の範囲内の服装であれば大丈夫です。

高額なコンサートの場合は、他の観客もそれ相応の服装をしてくると考えられます。
その場合は、普段は滅多にしないワンランク上の格好をするのもいいですね。

周囲の迷惑になることを考え、キツい香水をつけるのは避けてください。
音が立ってしまう可能性があるので、アクセサリーを過剰につけるのもオススメしません。

コンサートの中には、服装に関することがチケットに記載されているものもあります。
滅多にあることではありませんが、注意して見てみてください。

[開演時間について]

大きなホールでは開演1時間前、小さなホールでは開演30分前には、開場しているのが普通です。
遅くても開演15分前までには、会場に入れるようにするのが望ましいと思います。

くれぐれも、開演時間に遅れてしまうようなことだけは避けたいものです。
できるだけ、余裕を持って到着できるといいですね。

[拍手はいつ送る?]

曲が終わるとすぐに拍手したくなってしまいそうですが、実はそれはマナー違反なんです。
いくつかの楽章が構成されて1曲となっていることが、クラシックの曲ではほとんどです。
拍手は、全ての楽章の演奏が終えてから送るのがマナー。

指揮者が指揮棒を下ろした後、一呼吸をおき、指揮者が顔を上げる。
それが、曲の終わりです。
余韻を楽しんでから、拍手を送るということですね。

しかし、楽章の間で拍手をすることが禁じられているわけではありません。
複数の小品が続く場合は、1曲ごとに拍手をするのも良いです。

拍手のタイミングは、ステージを見ているとつかめると思いますよ。

クラシックのコンサートは、誰もが気持ちよく観賞したいものです。
必要以上に堅苦しくなる必要はありませんが、最低限のマナーは守りましょう。