クラシック音楽のヴァイオリンの値段

オーケストラでもメインとなるメロディを奏でることが多いのが、ヴァイオリンです。
数ある弦楽器の中でも、ヴァイオリンはどれよりも明るく華やかな音色の持ち主です。
そんなヴァイオリンは、オーケストラにおける大黒柱といっても過言ではありません。

合奏では、第一ヴァイオリンと第二ヴァイオリンがあります。
第一・第二ともに、楽器そのものに変わりはありません。
主に高音部を担うのが第一ヴァイオリンであり、ヴィオラとともに内声部を担当するのが第二ヴァイオリンとなります。

抵抗なく耳に入り込み、何時間聴いていても飽きることのない、優秀な楽器ともいるヴァイオリンですが、その値段はいくらくらいするのでしょう。

ほとんどのアマチュアが使うヴァイオリンは、10万〜数十万台のもののようです。
量産されたものはさらに安く、1万円台で手に入るものもあります。

プロともなると、100万〜1000万以上のヴァイオリンを持っているのが普通だといわれています。
アマチュアでも優秀な奏者の場合、数千万円台のヴァイオリンであれば持っていてもおかしくないようですね。

500万円以上のヴァイオリンなら、非常に質が良いものばかりのようです。
値段に見合った、もしかしたらそれ以上の音を奏でてくれるのかもしれません。
500万円以上ともなると、楽器の数自体もあまり多くないようです。

一方、100万ほどのヴァイオリンでも、自分の好みのものと出会えることも珍しくないと言われています。
ストラディヴァリウスやグァルネリなどというような、超一流と称される演奏家の楽器には価格がつけられることはないようです。
たとえ何億であろうと、その時の時価になるということです。

ワンランク下のクラスでも、数千万で楽器の取り引きが行われることは珍しくないようです。
このクラスのヴァイオリンでは、購入時の値段より低くなることは、まずありません。

楽器と同じようにとても重要な役割を果たすのが、ヴァイオリンの弓です。
楽器本体とは別に売られており、その値段は本体の大体1/3ほどになります。
ヴァイオリンと同じように、中には、1000万以上の額がつけられることもあるようです。

プロが持つものは、100万単位のものが一般的です。
アマチュアの場合は、10万〜数十万クラスの弓を持っていることがほとんど。
最も安価な量産品であれば、数万円で購入できるものもあるようです。

ヴァイオリンは決して安い楽器ではありません。
しかし、時には値段のつけようもないほどの価値を持つ、輝かしい存在ともいえるでしょう。