コンサートの感想集(ユカリさん)

■1998年中村葉子さんのコンサート

ジャズはフィドルで初めて聴きましたが、ジャズと言うのはその人の表現次第でこんなにも違うものかと驚きと興奮の連続でした。
中村さんの音楽を聴いていると、優しく心が温かくなってきたのですから不思議です。まるでルノワールの絵のような柔らかいな色彩の霧に包まれるような感覚とでもいいましょうか、アロマテラピーを受けているようです。
中村さんは、とても綺麗な方で、単身渡米後にフレッド・ハーシュという人の考え方に共鳴してエイズの支援活動も始められたとのこと。
その感性や内面の美しさが音になっているようでした。

 

■1998年 JazzyNight! at Fiddle・My favorite Pianist ! 第1弾

佐山雅弘さんのライブは本当に良かったですね。
来られた方はとてもラッキーだったのではないでしょうか。
見た目は、普通のサラリーマンのようなのに、一度ピアノを弾き始めたら、まるで千手観音様かと思うほど、早く沢山の音を一度に出すんです。
しかもそれが、甘く柔らかく、シャープに・・・さすがCDを6枚も出しているだけありますよね。またゆっくり佐山さんの音楽を聴きたいです。

 

■1997年 リチェッタムジカと素敵な仲間の音楽会

まさに、もっと聴きたい!という音楽会でした。
演奏をもっと聴きたいというのはもちろんなのですが、トークも非常に面白いんですね。しかも、ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・ピアノ等を優雅に奏でる美人軍団なんです。美人で色白で、さらには主婦業や育児もこなし、そして優雅な楽器まで・・自分との違いにがっくり来てしまうのですが、とても素晴らしい演奏に拍手を贈らざるを得ませんでした。